周辺情報

言わずと知れた日本三景の一つ天橋立。
松島、宮島と並ぶ日本三景として知られ、特別名勝に指定されています

成相寺

日本三景・天橋立を望む景勝地にあり、西国巡礼第28番の札所でもある成相寺。

身代わり観音のお話で知られ、願い事がかなう(成り相う)お寺として有名です。

ご本尊は、美人観音としても知られる「聖観世音菩薩」で、お参りすれば身も心も美しくなれると伝えられています。

本堂、鎮守堂、鐘楼は府指定文化財となっており、境内には雪舟が描いた五重の塔、悲話伝わる撞かずの鐘、名工左甚五郎の真向きの龍など見所がたくさん。

春には1,500株もの「しゃくなげ」が咲く名所でもあり、秋には紅葉のライトアップ、冬は成相寺から見る雪の天橋立を楽しめるため、季節ごとに多くの参拝客で賑わいます。

丹後一宮 元伊勢 籠神社(このじんじゃ)

元伊勢籠神社(このじんじゃ)は、天橋立三社めぐりのうちの一社で、永きにわたり直系で世襲がされてきた宮司が社を守っていることも有名です。

高欄上にある「五色の座玉(ごしきのすえだま)」は伊勢神宮と籠神社以外には許されていないので、是非この機会にご覧ください。

籠神社奥宮眞井神社

元伊勢 籠神社の奥宮。別名「久志濱宮(くしはまのみや)」

霊妙な力の源を意味する「久志」の名が表す通り、パワースポットとして有名です。

天橋立 観光船

天橋立の名物である天橋立観光船。

松並木で繋がる両岸の府中エリアと文殊エリアの所要時間は約12分です。船に集まるカモメに餌をあげるのもここならでは。またこの観光船は宮津市街に位置する宮津桟橋までの移動も可能です。

天橋立名物 ちゃりぼー

ちゃりぼー(ちゃり&ボート)もおススメです。

行きは天橋立の松並木を自転車で散策、帰りはボートという乗り捨て自転車+モーターボートがセットになった人気のコースです。自転車で天橋立の府中エリアに到着してからは、笠松公園の展望台まで足を延ばすのが定番コースになっています。

天橋立智恩寺 文殊堂

扇子が咲き乱れる日本三文殊の一つ

天橋立の知恩寺は日本三文殊として有名で、その知恵を授かろうとする参拝客が古くから絶えません。 知恩寺のおみくじは「すえひろ扇子」と名付けられており、扇子を広げると吉凶の結果が分かり、結果の出た扇子は境内の松の木に結び付けるのが習わしとされています。

智恵の輪 灯籠

くぐると賢くなると言われる灯籠

智恩寺の横に建てられた変わった形の灯籠で、この灯籠の輪を3回くぐると知恵を授かり、賢くなるとの言い伝えがあります。

天橋立名物 知恵の餅

天橋立名物である知恵の餅。
その昔、一人の老婆が夢に現れた文殊菩薩から「餅を作り、人々に振る舞うように」と言われ、それを振る舞ったところ、餅を食べた子供たちが大人をしのぐ利口者に成長したことから、“知恵の餅”と名付けられたそうです。
この知恵の餅が食べられるのは、江戸時代に智恩寺の許可を得て店を構えたという門前に並ぶ四軒の茶屋のみです。それぞれの茶屋で味も違いがありますので、食べ比べもおすすめです。